相次いだFX業者の行政処分

2007年から相次いだ一部FX業者の不正行為・自己資本規制比率低下に伴う行政処分や事業休止は、FX業界全体の信頼性を低下させる結果となり、投資家からの信頼回復が急務となっていました。

当時、投資家を驚かせたのはJNS(FX-naviメイン)の不正行為による行政処分。
金融庁にも登録され、自己資本規制比率も120%以上、信託保全も完備されて、取り扱う通貨ペアも他社より多く、スワップ金利も高水準・・・。こうした会社ですから、多方面から推奨され多くの投資家に利用されていた会社だったはずですが・・・。
こうなると、いったい何を信用していいか分からなくなってしまいますね。企業概要や財務状況など、表面上は優良企業に見えても、企業のモラルまでは判断できません。

FXが身近な投資ジャンルへと成長していくために

すでに多くのユーザーが参加しているといわれているFX(外貨証拠金取引)ですが、より身近な投資ジャンルへと成長するためには、『安心』『安全』『顧客本位』というテーマに取り組むことが期待されます。とりわけ一般ユーザーが安心できる指標として、『上場企業』があります。

上場企業は、収益性・資産性、成長性や投資者保護など、厳しい審査基準をクリアしています。
パブリック・カンパニーとなることから、社会的に認知され、知名度が向上すると同時に一般ユーザーや取引先、金融機関などに対する社会的信用力を得ています。

外為業者を細心の注意を払って選ぶのであれば、金融庁への登録、自己資本規制比率(120%以上)、信託保全の完備に加え、上場会社もしくは、親会社が上場しているかどうかで判断するのが、業者選択基準の一つとなりうるでしょう。

当サイトが推奨する一部上場のFX業者(親会社含む)

企業名 上場内容
マネーパートナーズ 東証1部上場
FXプライム byGMO 親会社が東証1部上場
YJFX! 親会社が東証1部上場(ヤフー株式会社)

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 業者選び > 一部上場