売り・買いを同時発注

IFD」とは、「if done=イフ・ダン取引」といいます。日本語に訳すると「もし○○した場合」という意味です。
取引開始の注文と決済注文を同時に発注し、そして、取引開始の注文が約定したら決済注文が有効になる注文方法です。決済注文は、取引開始注文が約定するまでは待機状態となります。
IFD注文は、思惑どおりに相場が動いた場合の利益確定や、相場が急激に動いて大きな損失を被らないための損切りにも有効な手段として利用できます。

注文は、指値でも逆指値でも出すことができます。

IFDの基本パターン

基本パターンは、「売り」と「買い」を同時に発注すること。
例えば、下図では、現在は1ドルが98円~99円付近でウロウロしている状態で、今後ドル高が進んで1ドル=105円まで上昇すると予測をしたとします。そこで、1ドルが100円になったらドルを買うという注文を出し、同時に1ドルが105円になったらドルを売るという決済注文も出します。100円の買い注文が約定した場合、同時にその反対売買の注文が自動で出されます。

IFD注文

ロスカット注文

「相場が上昇トレンドに向かった!」そう判断して買いの注文を入れたが、その後急転。。。こうした場合の備えとして、損失を予め限定する「ロスカット注文」が有効です。
下図の例では、1ドル=101円で買いを入れて、もしも予測が外れて、1ドル=99円になったら売るという注文をIFDで発注するケースです。この場合は2円の損失が確定しますが、恐ろしいほどのスピードで急落した場合の損失は計りしれません。最小限に損失を抑える方法として、「指値買い+逆指値売り」はリスクヘッジに効果的です。

IFD注文-ロスカット

リミット注文

相場が思惑通りに上昇トレンドに乗りました。しかし、相場は水物です。。。いつ「下げ戻し」にあい、利益が目減りしたり、あるいは利益がゼロになる可能性もあります。そうした場合に、利益を確定する「リミット注文」が有効です。
下図の例では、1ドル=101円で買って、103円になったら売るという指値注文をIFDで発注したケースです。思惑通りに103円まで上昇した後、下げ戻しになっても売り注文が自動で約定されますから、2円の利益が確定されるわけです。
103円から更に上昇したら?そんなに欲張ってはいけません・・・。

IFD注文-利益確定

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 注文方法 > IFD注文