外為の取引通貨は多数

外貨預金と比べた場合、FXで取引できる通貨の数は圧倒的に多く、バラエティに富んでいます。初心者であれば、日本円を他国の通貨と組み合わせた取引が馴染みやすく分かり易いため、そこからスタートする方が多いようです。

取引になれてきたら、米ドル/ユーロ、ポンド/ドルなど、日本円を組み合わせない通貨の取引にもチャレンジして、「自分が得意な通貨」を見つけると良いでしょう。

リスクを分散する意味でも、日本円を絡ませない取引は有効です。必ずしも日本円を介した取引を行う必要はありませんから、「得意な通貨」を早く見つけましょう。

取引のコスト

外貨預金や外貨MMF、あるいは株取引といった投資に比べると、FXに掛かるコストはそれらの1/10以下で圧倒的にローコストです。

FXで知っておきたいのは、通貨によって受け取れる金利や、買値と売値のスプレッドが違うということです。スプレッドは、取扱業者によって違ってきます。
また、FXの大きな特徴に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う取引を行ったときに、『金利差分を受け取れる』スワップポイントという仕組みがあります。
ただし、金利の低い通貨を買った場合や、金利の高い通貨を売った場合にはスワップ金利を支払わなくてはなりません。このような場合のスワップ金利は、「コスト」と認識する必要があるということになります。このスワップポイントも、取引通貨やFX会社によって異なります。

このように、コストについても正しく理解しておく必要があります。

FXのリスクに対する誤解

FXは、少ない資金(証拠金)レバレッジを効かせて、資金の数倍~数十倍の取引ができるという特徴が魅力の一つになっています。

レバレッジをリスクと考えるか、メリットと考えるかは、投資家本人の考え方次第になります。
たとえば、メリットと考える投資家は、レバレッジの倍率が高いほど運用できるお金も多くなり、リターンも大きく「資金効率がよい」と考えるでしょう。
一方、リスクと考える投資家は、レバレッジの倍率が高いほど相場が予想した方向と逆向きになった場合の「損失が大きい」と考えます。

しかし、このレバレッジは投資家自身が決めることです。レバレッジを1倍にすれば、為替変動リスクは外貨預金と同じになり、むしろ手数料などのコスト面から考えると、外貨預金よりもずっと優れた投資商品であることが理解できるはずです。

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 初心者編 > 外貨証拠金取引のキモ