強制的に反対売買

「ロスカット・ルール」は、証拠金維持率が20%~30%(外為業者によって異なる)を割り込んできた場合に、強制的に反対売買を行って決済するというシステムです。

証拠金維持率が何%で強制決済されるかは、外為業者によってまちまちですが、投資家自身が自由に設定できるケースもあります。

マージンコールが発動され、何ら対策をしないで放置状態にしておくと、含み損がかさんで証拠金維持率が一定の割合%に落ち込んだら、投資家にとって不利なレートでも有無をいわさず即座に売買が行われます。

ロスカット・強制決済

ロスカット・ルールは、マイナスイメージのように思いますが、マージンコールやロスカットルールは、投資家の資産を0円にするのを防いでくれる『安全装置』なのです。

強制決済によってポジションが閉じられれば、取引がいったん終了しますから、それ以上に損失が膨らむことはありませんから、必要なルールといえるでしょう。

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 実践編 > ロスカット