現在の表示レートで注文する

成行注文は、特定のレートで取引することよりも、取引することそのものを優先した取引方法です。
注文することにより、現在マーケットで表示されている値段で即時に買いまたは売りの取引をします。しかし、約定を優先しますので、取引画面に表示された価格と少し異なるレートで約定することもあります。

成り行き注文

自分でレートを指定せず、為替の値動きを見ながらの注文ですから、今すぐに買いたいと思ったときに注文を出せるので、売買も成立しやすい特徴があります。

実際のインターネット取引では、取引画面に「売り」と「買い」両方の値段が表示されますから、扱っている為替の値動きを確認しながら、レートを指定せずに「売り」と「買い」のどちらかをクリックすれば注文完了となります。

例えば、1ドル=110円50銭~110円55銭というレートであれば、ドル購入を「成行で買い注文」を出せば、1ドルを110円55銭で買い付けることになります。

成行注文はココに気をつけよう

為替の相場は気まぐれに動き、常に変動しています。

成行注文なら「確実に売り買いが成立する」というメリットがある反面、幾らで売買されたかは約定されたあとでなければ分からないというデメリットもあります。
更に、スリッページという注文レートと約定レートに差が生じる場合もありますので注意が必要です。

「今すぐ買いたい」あるいは、「今すぐ売りたい」という気持ちが強すぎて、売りと買いのボタンを押し間違えるといったことがないよう、冷静に対処するよう心がけましょう。(笑)

取引画面と少し違うレートで約定する理由は?

成行注文は約定することを優先しますので、取引画面で表示されたレートと異なるレートで取引が成立することがあります。この理由は何でしょうか。

理由1:インターネットの速度の問題
FX業者が取引レートを配信します。私たちはそれを見てクリックします。クリックしたら、売買注文がFX業者に届きます。この間に要する時間はとても短いでしょう。しかし、その短い時間のうちにFX業者の為替レートが変化することがあります。この場合、意図したレートよりもわずかに異なるレートで約定してしまいます。

理由2:取引数量の問題
例えば、複数の顧客が100.00円で買い注文を出したとしましょう。このとき、FX業者がこのレートで取引できる数量は100万通貨でした。しかし、100.00円で買いたいという注文の合計が150万通貨もありました。この場合、100.00円で買えるのは100万通貨分となり、残りの50万通貨は100.00よりもわずかに高いレートで買うことになります。

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 注文方法 > 成行注文