てこの原理が大きなリターンを生む

FXでは、少額の資金でも多額の外貨を取引することが可能です。こうしたカラクリは、『レバレッジ(てこの原理)効果』と呼ばれます。

レバレッジ○倍と決められている場合、取引会社に入れてある証拠金の○倍まで取引が可能ということを示しています。

例えば、100万円の証拠金を入れてある場合、「レバレッジ最大10倍なら1,000万円まで取引が可能」ということになります。このレバレッジを何倍まで効かせられるかが、その商品のリスクの大きさを示すと行っても良いでしょう。

レバレッジのメリットとリスク

通常の外貨取引の場合、為替レートが1ドル=100円の場合、10万円を両替すると1,000ドルになります。円安が進み、1ドル=110円になった時に1,000ドルを日本円に換金すると為替差益は1万円です。 これをFXで考えてみると、「レバレッジ」を効かせて10倍の取引をしたとします。10万ドルを円に戻すことになるので、利益は10万円です。

同じ資金でも、FXでは「てこの原理」によって大きく取引が可能ですから、為替差益も大きくなるということです。このように、レバレッジと為替差益は比例するのです。

リターンが大きいことはわかりましたが、リスクはどうでしょう?
為替差益と為替差益は表裏一体です。為替が予想どおりに動いてくれたら利益が出ますが、相場が予想と反対方向に動いた場合は、損失も大きくなることを知っておきましょう。

レバレッジのリスク回避は、外貨預金として考えると、レバレッジ1倍という投資方法も考えられます。リスクが小さい分、リターンも小さいと考えなければなりませんが、リスク回避方法の一つとして利用できるでしょう。

レバレッジ規制について

2010年8月1日より、レバレッジは最大50倍まで(証拠金が取引額の2%以上)となりました。さらには、2011年8月1日からはレバレッジの最大が25倍まで(証拠金が取引額の4%以上)という規制が実施されました。
単純計算で、50万円の取引をする場合は証拠金が1万円以上、25万円の取引をする場合は2万円以上という計算になります。
【法人は対象外に】
この規制は、個人投資家に対してのものであり、法人は対象外。したがって、25倍を超えるレバレッジで取引したいのであれば、法人化して法人口座によって取引する方法もあります。
規制に向けた各FX業者の対応の様子をうかがって、最終判断してください。

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 初心者編 > レバレッジ