トレンドに逆行した売買は慎むべし

相場を読み間違えて損失を抱えた場合、損切りする勇気がその後のトータル利益に貢献します。相場では『トレンドに乗らなければ儲けることができない』、ということを認識した上で、”ナンピン買いの理屈”を知っておきましょう。

ナンピン買い」とは、たとえば、相場のトレンドが円安方向へ振れるだろうと予測して、1ドル=110円でドルを買ったとします。ところが、相場は予想とは逆に下降トレンドに向かいました。 そこで、損切りをせずに1ドル=104円の時点でさらに買い増しします。その結果、”買いの平均価格”は107円になります。もし、相場が好転して、1ドル=107円まで戻れば損益ゼロになるという理屈がなりたちます。
つまり、「ナンピン買い」は、買増しをして、『取得平均価格を下げること』です

確か理屈はそうですが、これは明らかにトレンドの逆方向にポジションを増やしていることであり、しかも、一度動き出した相場は一方向へ動くということを無視した投資です。自ら損失を拡大させるような売買はできれば慎みたいものです。

ナンピン・塩漬け

塩漬けはスワップポイントとのバランスに注意

塩漬け」は、ナンピン買いと同様に、相場を読み間違えて損失を抱えた場合、損切りせずにそのままポジションを保有する行為のことをいいます
長期のポジション持ちで、為替損益を『スワップ金利』でカバーできているうちは損切りの必要はないかも知れません。

スワップ金利を支払わなくてはいけない取引をしている場合は、為替損益とダブルで損失を被っているわけですから、こうしたケースでは損切りするべきでしょう。
また、FXは株式投資と違いレバレッジを効かせて元の資金よりも遙かに大きな金額を動かす取引です。手元の資金より損失が膨らむリスクを抱えていることを忘れずに、早めの損切りを敢行し、次の投資に切り換える方が無難と言えます。

ドルコスト平均法の恐怖

毎月同じ金額でドルを購入すれば、ドルが安いときにはたくさん買えて、高いときには少ししか買えないために、平均単価が安くなる。こうした投資理論を『ドルコスト平均法』といい、いろいろな書籍などでその優位性が紹介されています。

この理論は、相場が一定の範囲を上下動する状態では優位な手法ですが、下落トレンドの真っただ中ではその優位性が小さくなります。ナンピン買いと同じ効果を持ちますから、ドルコスト平均法でトレードする際には注意が必要です。

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 実践編 > ナンピン買い