両建てのコスト要因

同一業者で、同一通貨ペアを、買いポジションと売りポジションの両方を同時に持つことを『両建て』といいます。両建ては導入している業者としていない業者に分かれています。
両建てを禁止しているのは、利益と損失が相殺され、そのポジション自体が無意味になってしまうということからです。両建ては損益ゼロですが、経費はかかってしまいます。
両建てがマイナス(コスト)となる要因は、以下に挙げることがあります。

・BidとAskに差があるため、スプレッドコストが二重にかかること
・スワップポイントは、差し引きするとマイナスとなってコストとなること

このように見ると、デメリットばかりが強調されますが、両建てをうまく使うことでリスク回避の有効な手段となるケースもあります。

両建てになっても構わない場合

FX業者は両建てを推奨しないという姿勢の場合が多いですが、両建てになっても構わない場合があります。

例えば、ある通貨ペアを買って長期で保有しているとしましょう。スワップポイント狙いのトレードです。しかし、短期的には下落すると予想したとします。

このとき、買いのポジションを維持したままで売ることもあるでしょう。この場合は両建てとなります。しかし、問題はないでしょう。というのは、買いと売りのポジションにはそれぞれ理由があり、目先の損失拡大を防止するための苦肉の策ではないからです。

両建てに有利なFX口座

両建てが非合理的だといわれる原因の一つは、買いと売りのスワップポイントの差にあります。すなわち、ある通貨ペアをある数量買い、同時に同じ通貨ペアを同数だけ売ると、スワップポイントの合計はマイナスになってしまいます。

これでは、毎日確実に損失が積み上がってしまいます。

しかし、買いと売りのスワップポイントの大きさが同じというFX口座もあります。すなわち、ある通貨ペアをある数量買い、同時に同じ通貨ペアを同数だけ売ると、スワップポイントの合計はゼロになるということです。

このFX口座を使えば、両建てのデメリットが一つ消えることになります。

買いと売りのスワップポイントの絶対値が同じというFX口座はわずかしかありません。例として、DMMFXとFXトレードフィナンシャルが該当します。

両建て可能なFX会社紹介

「両建て」ができる企業選びのポイントは、スプレッドが低いこと。レート急変時のリスクヘッジとしの利用が有効な手段ですが、コスト面でのリスクも考慮した業者選びがポイントです。

会社(商品)名 主要通貨スプレッド(pips) 資料請求
口座開設

ドル/円

ユーロ/円

豪ドル/円

ポンド/円
FXトレーディングシステムズ
『ブロードネット』
0.3銭 0.5銭 0.6銭 1.0銭
外為オンライン 1.0銭 2.0銭 3.0銭 3.0銭
トレイダーズ証券
『みんなのFX』
0.3銭 0.6銭 0.7銭 1.0銭
ヒロセ通商
『LION FX』
0.3銭 0.5銭 0.7銭 1.3銭
YJFX!
『外貨ex』
標準0.3銭 標準0.6銭 標準0.7銭 標準1.1銭
マネーパートナーズ
『パートナーズFX』
0.5銭 1.1銭 1.2銭 1.9銭
セントラル短資FX 1.0銭 2.0銭 3.0銭 4.0銭
ひまわり証券
『レギュラー口座』
1.0銭 3.0銭 4.0銭 6.0銭

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 実践編 > 両建てでリスクヘッジ