通貨間の金利差(スワップポイント)を狙う

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うことによって生じる金利差益、「スワップポイント」を得ることを目標にするのがスワップトレードです。

投資期間は数ヶ月~1年、あるいは数年といった中・長期スタンスの投資方法で、レバレッジを1~2倍程度にリスクを押さえ、じっくり利益を狙います。
どちらかというと、投資というよりは預金感覚のトレード方法といえるでしょう。

高金利の通貨ペアはトルコリラ/円、南アフリカランド/円豪ドル/円NZドル/円などがあります

長期トレンドを見てからトレードを始めよう

スワップポイント狙いでトレードすると、スワップポイントを毎日継続して獲得できます。

このトレードでの最大の敵は円高です。せっかくスワップポイントを得ても、大きな円高で含み損を計上してしまっては、毎日の積み重ねが無駄になるだけでなく、悪くすると強制ロスカットになってしまうかもしれません。

そこで、スワップトレードをする場合は、長期チャートを見ると良いでしょう。すると、現在は円高なのか円安なのかが分かります。
現在のレートがあまりに円安だったら、将来は円高になるかも?と警戒が必要かもしれません。

逆に、現在が円高な水準にある場合は、円安である場合に比べてスワップトレードを始めやすいでしょう。しかし、さらに円高になる可能性もありますから、手持ち資金を目いっぱい使ってレバレッジを高くするようなトレードはやめましょう。

下のチャートはニュージーランドドル/円(NZD/JPY)の長期チャートです。このチャートを見る限りでは、ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)=40円~70円くらいのレートでスワップトレードを開始できれば・・・というところでしょうか。

NZD/JPYチャート

スワップトレード(長期持ち)にオススメのFX業者

長期スタンスでスワップポイントを狙う場合のポイントは、外貨預金のつもりでレバレッジを抑えたトレードをすること。リスク分散の意味で取引通貨、売買時期の分散を行うことです。

取引業者選びのポイントは、信用力が高いことはもちろん、スワップポイントが他社に比べて不利ではないか、取り扱い通貨が豊富か(希望する長期保有に向いたペアがあるか)などです。
ここで紹介するのは、当サイトが選りすぐりしたFX会社(商品)です。

長期スタンスのFXならセントラル短資FX~老舗で安心
セントラル短資

業界最高水準のスワップ金利を提供

メンバーズCLUB(会員)サービスが充実

業績100年以上の実績を誇る老舗で安心

携帯電話からの取引も可能です

『FXダイレクト』は、保有したポジションを決済しなくても利息分だけ引き出すことが可能です。

お申込み詳細はこちらから

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 取引方法 > スワップトレード