マージンコールとは

マージンコール

証拠金の何倍、何十倍もの外貨を取引できるのがFXの大きな魅力であり、同時にリスクでもあります。これは投資家にとっても業者にとっても同じこと。

FXは証拠金取引ですから、取引を維持するために一定水準以上の証拠金が口座に入っていることが条件になっていますので、ポジションを保有している場合に為替の変動があり、含み損が増えると、証拠金(有効証拠金率)が減っていくことになります。

そこで、業者によっては証拠金を大きく上回るような損失が出ないよう、「マージンコール」というルールをとって警告を発します。

有効証拠金(維持証拠金率)が一定割合の%を割り込むと「マージンコール」が発生し、顧客に警告メールを発信する仕組みを採用しているFX業者もあります。
上の図は、有効証拠金が必要証拠金の50%を下回った場合にマージンコールが発生する場合のイメージ図です。

マージンコールへの対策

マージンコールが発動された場合の対処は二通りあります。

一つは、上図の例でいえば追加証拠金(追証)を1万円以上入金して、維持証拠金率を50%以上に回復させること。そうすることで引き続き取引ができるようになります。

二つめは、そのポジションを店仕舞いしてたたんでしまうこと。つまり、取引を完全に終了してしまうことです。 もしも他に複数のポジションを持っていて含み損が発生している場合は、それらを閉じてしまうことにより、維持証拠金率が50%以上まで回復できる可能性もあります。
いずれの場合も、最終的には維持証拠金率が100%以上になるように証拠金を追加しなければなりません。

マージンコールは、すべてのFX会社が設けているルールではありませんが、これ以上損失を拡大しないための安全装置でもあります。

安易に追証をうつのではなく、レバレッジやポジションの数など、自分の投資方法が本当に正しいのかをもう一度考えてからでも遅くはありません。こうしたマージンコールは、FX投資への戦略の見直しをするには良い機会だとも言えます。

マージンコールに対して無策状態にしておき、維持証拠金率が一定の割合(例えば20%)を割った場合は、『ロスカット・ルール』により、強制的にポジションが閉じられます。
含み損をそれ以上拡大させないために、良心的に損失を限定してくれる安全装置機能が、強制決済システム『ロスカット・ルール』です。

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 実践編 > マージンコール