基本はトレンドを確認して順張りで注文

相場が円安に振れだしてきて上昇傾向にある場合、その流れ(トレンド)に乗って売買する方法を、『順張り』といいます。

たとえば、現在1ドル=100円のレートが1ドル=102円と円安に振れてきた場合、「このトレンドに乗ってドルを買おう!」という手法です。

逆に、現在1ドル=110円のレートが1ドル=108円と円高に振れてきた場合、「そろそろ底値で円安に転換するだろう」という希望的観測の元で、買いを入れることを『逆張り』といいます。

FXは買いからでも売りからでも利益が出る

FXは、「円高で買って、円安で売る」ことによって生じる『為替差益』が利益になりますが、「外貨を高く売って、安く買い戻す」ことでも『為替差益』が得られます。したがって、円安の時だけではなく、円高の時でも利益を上げられるチャンスがあるのです。

ただし、注意すべき点があります。
FXでは、金利が高い通貨を買って金利の低い通貨を売ることにより、プラスのスワップポイントを得られるのがメリットの一つです。円を含む通貨ペアの場合は、円を売ることによってプラスのスワップポイントを得られることが多いです。

しかし、逆の取引、すなわち金利が高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合には、スワップポイントがマイナスとなってしまいます。

FXの注文を出すタイミング

順張りの特徴

順張りの特徴は、トレンドに乗ってトレードをするということです。為替レートはトレンドができやすいといわれることがありますが、このトレンドに乗ることができれば、大きな利益を見込むことができます。 (もちろん、予想が外れてしまう場合に備えてロスカット注文も出しておきましょう。)

しかし、順張りのトレードは難しい一面も持っています。それは、「上昇(または下落)のトレンドを確認してからトレードを始める」・・・ここに原因があります。

上の左の図をご覧ください。買いと売りの点があり、その差が利益となっています。しかし、買いのポイントで買えるか?が問題です。ちょっと前の為替レートを見ると、今よりも低いレートです。「今買うのはもったいない・・・また円高になるかもしれないし、もう少し待とう」と考えてしまい、結局買えずに終わってしまうかもしれません。

これを防ぐために、何か自分で頼りになるトレードパターンを見つけましょう。そして、それに従ってトレードします。感覚に頼るトレードをすると、なかなかトレードを始められないかもしれませんし、ロスカットも難しくなってしまいます。

逆張りの特徴

逆張りはトレンドに逆らって売買する方法です。このため、基本的には利益幅を小さくしてトレードすることになります。決済を我慢して利幅を伸ばそうとすると、結局損切りになってしまうかもしれません。

逆張りで怖いのは「値ごろ感」です。
「かなり円高になったから、そろそろ反転上昇するだろう」と考えて買ってみたものの、トレンドがそのまま継続してしまって損失拡大となる場合です。

もともと利益幅が小さいのが逆張りの特徴ですから、損切りも素早く実行しましょう。

FXで勝つ為に開発された新システム

インヴァスト証券「トライオート」
インヴァスト証券 トライオート

「裁量FX」と「シストレ」のいいとこ取りをしたらできたすごいFX。
FXで単純に勝つことだけを目的に開発された次世代型裁量FXが【トライオート】です。

とにかく簡単「オートパイロット注文」

普通のFXでは決して出来ないFX

FXトレードで失敗しないための最新システム

インヴァスト証券 トライオート

▲このページのトップへ

口座開設耳より情報
2016.07.01
口座開設キャンペーン!
DMM.com証券(DMMFX)
FX国内口座数第1位!
2016.06.29
口座開設キャンペーン!
GMOクリック証券
キャッシュバック!
2016.06.08
口座開設キャンペーン!
トライオートFX
最大10,000円キャッシュバック!
投資スタイル診断
2016.07.21更新
GMOクリック証券
DMM.com証券(DMM FX)
外為オンライン
YJFX!
外為どっとコム
ヒロセ通商
外為ジャパン
FXプライム byGMO
みんなのFX
ひまわり証券
複利計算シミュレーター
FX比較メニュー
手数料を比較
スプレッドを比較
スワップポイントを比較
約定率を比較
1000通貨単位のFX比較
通貨ペアを比較
注文方法を比較
携帯対応を比較
入出金サービスを比較
システムトレード比較

FX比較 > 実践編 > 注文のタイミング